‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

子供が元夫に懐いている場合の復縁

2014/11/26

一度は離婚を決意して実行したとしても、人間ですから「やはりあの決断は間違いだった」と思うことがあります。特に子供がいた場合、そしてその子供が元夫に懐いているような場合は「もう一度がんばってみよう」と思うことが多いかもしれません。離婚前に思いとどまれば話は早いのですが、すでに離婚届を提出してしまった場合、気になるのが再婚禁止期間です。

 
再婚禁止期間についてはしばしばニュースなどで取り上げ荒れることも多くご存知の方も多いでしょう。これは離婚後すぐに妻側が出産した場合、その父親が誰なのか判別しにくくなってしまうことから「離婚成立後、六ヶ月は女性は再婚できない」という決まりです。男性はすぐにでも再婚可能なことから、現代では物議をかもしだしていますが、この制度について知っていると六ヶ月は離婚の状態を継続したまますごさなくてはいけないと思うことでしょう。

 
しかしながら実際はこの再婚禁止期間には例外がもうけられています。その一つに「離婚した夫と再婚する場合」があげられます。そもそも新たに生まれるかもしれない子供の父親を分かりやすくするための制度ですから、再婚相手がかつての夫であれば問題ないと捉えられるのです。

離婚後、友人関係がある場合の復縁

2014/11/26

女性が再婚する場合、離婚してから6ヶ月間は再婚禁止期間となります。これは女性だけに定められた制限で、男性にはありません。このような法律が定められている主な理由は、生まれてくる子の父親が、不明確になることを避けるためです。

 
しかし、これは全ての女性に適用されるわけではありません。免除されるケースもあります。例えば、前婚の解消の前から懐胎していた場合は、出産の日から再婚ができます。前の夫の子を出産したあとであれば、次の妊娠した子は今の夫の子だと推定ができるというわけです。また、前の夫と再び再婚する場合も大丈夫です。これはもちろん子どもの父親が不明確になるということがありえないからです。

 
前の夫との再婚するというケースで多いのが、離婚をした後も友人関係を続けていた場合です。

 
離婚という大変な状況を経た後でも関係が続けられるというのは、実は離婚を前向きにとらえ、二人の関係性を良い形に修復することができたということの現れでもあります。そのような状態であれば、夫婦の関係自体を修復することもそれほど難しいことではありません。

 
そもそも離婚をしたということは、結婚生活や離婚を通して相手の嫌な部分を認識したこということです。しかし、一度離れることによって、相手の良かった面を再認識できたり、結婚していたことのメリットにも気がつくことができます。さらに個人として独立した状態になると、互いのことを再び冷静な観点から見ることができるようになります。感情的に分かれ、感情的に一緒になりたいと思うのとは違うので、関係を元に戻しやすいというわけです。

寂しがりやと復縁

2014/11/26

結婚は誰もが憧れる人生で一番幸せな出来事です。

 
ですが幸せな結婚生活を続けることが難しく、なかには別れる選択をする夫婦もいます。

 
結婚生活をしていて相手とともに過ごすことが苦しくなり別れた選択をしたあとに、寂しがりやの性格が災いし復縁をしたくなる人もいます。
結婚をするときは婚姻届に署名するだけで成立しますが離婚をするときは結婚をしたとき以上に疲れるといいます。
離婚届けにサインをするだけではなく財産分与などの問題もあり子供がいた場合は親権をめぐって裁判になることがあります。
また離婚することで離婚うつになってしまう人もいて、簡単に離婚をするべきではないとされいます。
また女性の場合、専業主婦だった場合は金銭面で苦労することが多く、その理由で離婚を我慢する人も多いのが事実です。
結婚をしたあとに簡単に離婚することで周りに迷惑をかけることもあり、簡単にその選択をするべきではありません。
ですが悩んだあげく離婚をする人もいます。

月01
その後の人生が明るいものだった場合は正解の選択だったと言えますが、離婚した後に後悔した場合後戻りができなくなることもあります。
復縁をしたくても相手が拒否した場合は不可能となるため、離婚するときはよく考えてから結論を出す必要があります。

専業主婦と復縁のしやすさについて

2014/11/26

離婚とは悲しいものです。

 

夫婦間で様々な問題を乗り越えて、共に支え合う事が夫婦であると思われますが、どうしてもその距離が縮まらずに別居となり、その後離婚になるケースが多いようです。その離婚に関しても、それぞれの夫婦で色んなパターンがありますが、お互いが働いている場合は、それぞれが経済的にも自立し、収入のある対等な立場として話を進めていくので、離婚問題もお互い納得の上での離婚に進むようです。

 

しかし、これが専業主婦だった場合は、別れてから元妻がひとりで生計を立てていく事ができるかと言えば、実際のところ難しいと考えられます。何か特別な資格を持っていれば別ですが、社会への復帰としても結婚してからのブランクもあり、そこは、パートやバイトなどで生活していく他ありません。しかし、実際はそれだけでは生計が立てられずに、お金の悩みが付きまとう事になります。そういうカップルは、一度失った物の大きさに気付かされ、再度結婚という概念が生じます。

 

遠回りしたけれども、生活を通じてお金を初めとするあらゆる利益と不利益がどうなのかという事の重大さに気付き、復縁する事もあるようです。これは、それぞれの大切さをお金という物を通して、改めて気付かされたのであり一通過点として前向きに考えていく事が必要となるでしょう。

再婚禁止期間について

2014/11/26

離婚をした後に気を付けないといけないのが、次の再婚へのステップです。

 

自分たちの意志だけではなく、踏まえておきたいルールがあります。その1つが再婚禁止期間です。これは女性だけに関わってくる決まり事ですので、事前に頭に入れておくと良いでしょう。このルールは離婚した後、6か月間は再婚が禁止されています。これは妊娠した場合に、その父親が元配偶者か、再婚相手なのかを区別するために時間的な空白が設けられています。これは生まれてくる子供の父親を判別することで安全、安心、権利を保護する目的でもあります。また、離婚後300日以内に生まれた子は前の夫の子供、離婚後200日経過後に生まれた子供は現在の夫の子と定めた民法に沿ったものでもあります。しかし、例外として、前の夫、つまり同じ人と再婚する場合は、このルールは適用外となります。6か月経過しなくても再婚が許可されます。

 

しかし、そのほかの場合は、離婚後半年は再婚ができません。一方、男性にはこの期間の縛りはなく、離婚後いつでも再婚ができます。

 

男性にはこのルールはあてはまらないので、女性が特に離婚時、再婚時に気を付けるポイントとなります。このようなルールで、無用なトラブルを回避することができるのです。

子供の独立と復縁の関係

2014/11/26

空-虹

 

子供の独立をきっかけに離婚を申し出られた場合、復縁できる可能性は極めて低いといえるでしょう。それというのも、おそらく元妻は「片親は可愛そうかもしれない」「成人して就職や結婚するときにマイナスポイントと捉えられてしまうかもしれない」「金銭的に不自由をかけてしまうかも」というように養育上の理由だけのために離婚までの長期間、我慢をかさねていた可能性が高いからです。そしてその間は離婚にむけて着々と準備をつづけていたことでしょう。熟年離婚という言葉が流行しましたが、まさにこのパターンであり、こうなってしまうといくら夫が復縁を望んでも難しいと言わざるをえません。このような時に「自分だって我慢してきた」「養ってやってきたのだから」「今後生活できるわけがないだろうから」などというような事を言ってはいけません。思いとどまるどころか、あっさりと見捨てて去っていくことが予想されます。
尚すでに随分前に離婚していた元妻と、子の独立をきっかけに復縁したい、というケースもあるかもしれません。しかしながらこちらも難しいと言えるでしょう。なぜなら妻子どちらからも「子育てや育児が嫌で離婚したのか?」というように思ってしまうからです。元妻一人で子育てしてきた期間が長いほど、反感をかってしまうことでしょう。

正社員と復縁について

2014/11/26

離婚した妻と復縁したいと考える場合、もし相手が正社員として働いているとしたら、復縁の可能性は限りなく低くなると言えます。

 
そもそも女性が離婚するか否かを選択する過程において、その判断材料となるのはお金と子供、世間体などです。逆に言うと、それらは復縁の可能性を測るバロメータにもなっています。

 
相手が金銭的に困った状態にあるならば、復縁して経済面をカバーしたいと思うこともあるかもしれません。しかし、正規の社員として働いていて安定した収入を得ている場合は、そのようなことは考えもしないでしょう。

海と夕日
また子供についても、問題となるのはやはり金銭面でのことです。しかし、経済的に自立していれば子供の養育費に頭を悩ます必要はありません。反対に子どもを育てる環境として、一度離婚を決意したような破綻した夫婦生活のもとで育てることに疑問を感じるはずです。

 
そして最後の世間体。これは、家庭以外に居場所を持っていない女性にとっては重要なポイントです。たとえ夫のことは嫌っていても、妻としての立場以外に自分のアイデンティティを持っていない女性は、離婚によって自分のすべてを喪失することになります。ゆえに一度は離婚を選んでも、復縁を考えてくれる可能性があります。

 
ところが正規の社員として働いている女性であれば、あくまで妻という立場にこだわる必要はありません。仕事をすることで居場所は確保され、世間からも一人前と認められます。

 
つまり、仕事という生活の手段や生きがいを持っている女性の場合は、よほど元夫に対する未練を持ってでもいないかぎり、復縁をするケースというのは少ないようです。

ルックスと復縁の関係

2014/11/26

一旦は離婚してしまったけれど後悔している、忘れられない、元妻とよりを戻したい、そんな風に別れた奥さんとの復縁を希望している人も多いようです。復縁できるかどうかは、別れてしまった理由にもよります。自分に非が合って離婚した場合はまず復縁は難しいですが、自分が悪いわけではない、更に相手が原因で別れた場合には、少しは希望が持てます。どちらかといえば、新しい相手と新しいご縁を結ぶ方が、運気も上がりますし幸せになれる確率も高いのです。けれども、なかなかよい出会いがなかったり、また失敗したらどうしようという不安があったりすると、気心の知れた相手とやり直す方がよいのではと思う気持ちも十分理解できるものです。

 

海-クジラ
では実際に復縁しようとする場合、どのようなことに注意したらよいでしょうか。まず、相手の様子を見ながら、話を急ぎすぎないことが大事です。少しずつ飲みに行ったり食事をしたりして、現在の様子を窺ってみましょう。交友関係をそれとなく聞き出し、彼氏がいる場合にも、根掘り葉掘りは聞かないようにします。相手のルックスを自分と比較させるような発言も逆効果です。関係がうまくいっているかいないかに絞って探りをいれてみましょう。

元妻に言っては行けない事

2014/10/23

夫婦の形も様々です。
結婚に至る過程も様々で、大恋愛の末に結ばれた夫婦、お見合いで結婚に至った夫婦、付き合って何となく惰性で結婚した夫婦。
昔の封建的な社会と異なり、女性の社会的地位の向上と、自立できる環境が整った現代に於いては結婚生活を続ける事が互いのデメリットと感じたならば、抵抗無く離婚に至る風土が出来上がっているかに感じられます。
確かに、我慢を強いられる夫婦生活・家庭環境であるならば、むしろその方が人生を前向きに歩めるのかも知れません。
離婚の原因のひとつに「価値観の違い」と言う項目があります。

 
互いの価値観が違うと言う事は、長い時間の中では互いにストレスを感じる様になりますから、離婚と言う選択もあながち間違いでは無いのかも知れません。しかし人間と言うものは、無くしてからその大切さに気がつくと言うおろかな一面が有ります。

 
「青い鳥」の物語の様に、自分の傍にいる「青い鳥」には気がつかず、どこかにいるかも知れない「青い鳥」を追うのですが、気がつくと「青い鳥」は自分の足元に居たと言う様に、離婚してから元妻・元夫の良い面に気がつく事が往々にして有ります。

 
互いにそれに気がついたならば、もう一度復縁を考えて見るのも必要かも知れません。
その場合には、結婚生活の中で感じていた嫌な面や相手の間違った事を取り立てて言ってはいけません。
「お前のここを直せ」とか「貴方のここを直して」とか、自己主張を始めると「元の木阿弥」と言う事になりかねません。
離れて初めて気がついた良い面が有るのですから、過去の事をいつまでも引きずる事はやめましょう。