子供の独立と復縁の関係

空-虹

 

子供の独立をきっかけに離婚を申し出られた場合、復縁できる可能性は極めて低いといえるでしょう。それというのも、おそらく元妻は「片親は可愛そうかもしれない」「成人して就職や結婚するときにマイナスポイントと捉えられてしまうかもしれない」「金銭的に不自由をかけてしまうかも」というように養育上の理由だけのために離婚までの長期間、我慢をかさねていた可能性が高いからです。そしてその間は離婚にむけて着々と準備をつづけていたことでしょう。熟年離婚という言葉が流行しましたが、まさにこのパターンであり、こうなってしまうといくら夫が復縁を望んでも難しいと言わざるをえません。このような時に「自分だって我慢してきた」「養ってやってきたのだから」「今後生活できるわけがないだろうから」などというような事を言ってはいけません。思いとどまるどころか、あっさりと見捨てて去っていくことが予想されます。
尚すでに随分前に離婚していた元妻と、子の独立をきっかけに復縁したい、というケースもあるかもしれません。しかしながらこちらも難しいと言えるでしょう。なぜなら妻子どちらからも「子育てや育児が嫌で離婚したのか?」というように思ってしまうからです。元妻一人で子育てしてきた期間が長いほど、反感をかってしまうことでしょう。

コメントは受け付けていません。