再婚禁止期間について

離婚をした後に気を付けないといけないのが、次の再婚へのステップです。

 

自分たちの意志だけではなく、踏まえておきたいルールがあります。その1つが再婚禁止期間です。これは女性だけに関わってくる決まり事ですので、事前に頭に入れておくと良いでしょう。このルールは離婚した後、6か月間は再婚が禁止されています。これは妊娠した場合に、その父親が元配偶者か、再婚相手なのかを区別するために時間的な空白が設けられています。これは生まれてくる子供の父親を判別することで安全、安心、権利を保護する目的でもあります。また、離婚後300日以内に生まれた子は前の夫の子供、離婚後200日経過後に生まれた子供は現在の夫の子と定めた民法に沿ったものでもあります。しかし、例外として、前の夫、つまり同じ人と再婚する場合は、このルールは適用外となります。6か月経過しなくても再婚が許可されます。

 

しかし、そのほかの場合は、離婚後半年は再婚ができません。一方、男性にはこの期間の縛りはなく、離婚後いつでも再婚ができます。

 

男性にはこのルールはあてはまらないので、女性が特に離婚時、再婚時に気を付けるポイントとなります。このようなルールで、無用なトラブルを回避することができるのです。

コメントは受け付けていません。