正社員と復縁について

離婚した妻と復縁したいと考える場合、もし相手が正社員として働いているとしたら、復縁の可能性は限りなく低くなると言えます。

 
そもそも女性が離婚するか否かを選択する過程において、その判断材料となるのはお金と子供、世間体などです。逆に言うと、それらは復縁の可能性を測るバロメータにもなっています。

 
相手が金銭的に困った状態にあるならば、復縁して経済面をカバーしたいと思うこともあるかもしれません。しかし、正規の社員として働いていて安定した収入を得ている場合は、そのようなことは考えもしないでしょう。

海と夕日
また子供についても、問題となるのはやはり金銭面でのことです。しかし、経済的に自立していれば子供の養育費に頭を悩ます必要はありません。反対に子どもを育てる環境として、一度離婚を決意したような破綻した夫婦生活のもとで育てることに疑問を感じるはずです。

 
そして最後の世間体。これは、家庭以外に居場所を持っていない女性にとっては重要なポイントです。たとえ夫のことは嫌っていても、妻としての立場以外に自分のアイデンティティを持っていない女性は、離婚によって自分のすべてを喪失することになります。ゆえに一度は離婚を選んでも、復縁を考えてくれる可能性があります。

 
ところが正規の社員として働いている女性であれば、あくまで妻という立場にこだわる必要はありません。仕事をすることで居場所は確保され、世間からも一人前と認められます。

 
つまり、仕事という生活の手段や生きがいを持っている女性の場合は、よほど元夫に対する未練を持ってでもいないかぎり、復縁をするケースというのは少ないようです。

コメントは受け付けていません。